【遊戯王デュエルリンクス】牛尾のキャラクター紹介…

20090213203522

 

牛尾

校内では「鬼風紀の牛尾」と恐れられており、教師すら臆してまともに口を出せないほどの人物
本田曰く「学校の規律を全て仕切っている存在」
猛禽のような鋭い目つきと、城之内、本田を遥かに上回る大柄な体躯、高校生離れした威圧感に満ちた風貌を持ち、喧嘩の腕は城之内と本田が二人がかりで挑んでも歯が立たないほど


風紀委員として苛めそのものを忌み嫌う態度を取っていたが、その実態は自分の腕っ節に慢心し、いじめられっ子(本人曰く「カモ」)の悩みに付け込み、ボディーガードを請け負うと一方的に申し出て影でいじめっ子を痛めつけ、然る後にボディーガード料と称して大金を強請り取り、逆らえば暴力で言う事を聞かせる等、強欲で卑劣な人物であった

遊戯に対しても、城之内と本田を痛めつけた挙句、2人を庇った遊戯も望みどおり痛めつけた上、20万の大金を要求する暴挙に出た
遊戯が千年パズルを完成させた事で、闇遊戯の最初のターゲットとなり、遊戯が双六から渡された40万円の札束をお互いの手に乗せ、ナイフ(牛尾の私物)で刺して多くの札を取り合う「マネーアンドナイフ」を展開


自分の欲望に飲み込まれ、ゲームのルールを破るという禁を犯し、闇遊戯に襲いかかるが、逆に罰ゲーム「GREED─欲望の幻像─」を受けて、枯葉やゴミが金に見えてしまうという幻惑状態に陥り、翌朝、醜態ぶりを生徒達の前に晒すことになった

『遊☆戯☆王キャラクターガイドブック 真理の福音』によると、その後はちゃんと更生し、「金はこりごり」と語っていた

小説版では「マネーアンドナイフ」のルールが「札束を入れた袋を自分の手の甲に乗せ、ナイフを突きさして手の甲に少しでも傷を付けた者が勝ち」に変更され、罰ゲームも幻惑の金に押しつぶされるものになった

アニメ第一作では多くの人員を統率し、原作以上に強大な存在として描かれ、風紀委員らしく丁寧な口調も見せていた
規律を厳格に重んじる姿勢から、本田からは理想の人物として尊敬されていたが、本田が遊戯をいじめていないにも関わらず、城之内と一緒にいたという理由だけで原作同様に痛めつけた
遊戯への暴力も遊戯が千年パズルのピースを探すために学校を訪れた際に教育と称して行い、横暴な仕打ちに激怒した城之内と本田も再度痛めつける
闇遊戯とは校舎の高い所を舞台に互いの身体をロープで結び、校舎に設置されたトランプを捲り、その数字分だけ昇るというゲームを展開
最終的には溝へと転落し、怪物に襲われるという幻惑状態の罰ゲームを受け、脅えていたところを風紀委員会に発見され、病院に入院した


アニメ第二作では遊戯の回想のみに登場。どのようなゲーム・罰ゲームが展開されたかは描かれなかった。






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
KONAMIの配信スマホゲーム、遊戯王デュエルリンクスの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

ブログランキング・にほんブログ村へ