【遊戯王デュエルリンクス】梶木漁太のキャラクター紹介…

141926787996

 

梶木 漁太

海デッキを扱うデュエリスト

全国大会第三位の実力者(アニメ版)
漁師としても活動している「海の決闘者」で土佐弁や広島弁が入り混じった喋り方が特徴で男気溢れる熱血漢
遊戯や城之内と対戦した者(特に決闘者の王国編から登場しているキャラクター)の中では数少ない、正々堂々とした好印象な決闘者(城之内からは真のデュエリストと評された)「海」のフィールドを利用した戦術「シー・ステルス」を得意とする
一人称は「オレ」だが、稀に「ワシ」も使用

決闘者の王国においては「海竜神(リバイアサン)」を切り札としたデッキを使用
賞金の使用目的は「船(ソーラー電池や魚群探知機搭載の最新の漁船)を買う事」海岸に焼き魚を設置して、デュエリストを誘き寄せるという手段で遊戯達と接触
遊戯にデュエルを挑むが「シー・ステルス」の弱点を見抜かれて敗北した

バトルシティ編では、生まれて初めての童実野水族館でシャチと戯れている最中に現れた城之内と対戦
水難事故で生き別れとなった父親(声:岩崎征実)の面影を重ねている「伝説のフィッシャーマン」を中心とした「シー・ステルスII」を駆使するが、城之内に破られてしまう

最終的には「伝説のフィッシャーマン」を墓地に置くことへの抵抗感から攻撃力の高い「要塞クジラ」ではなく「伝説のフィッシャーマン」を蘇生させるという敗北を選んだ

デュエル終了後は自立のために「伝説のフィッシャーマン」を城之内に託した

アニメ版では「伝説のフィッシャーマン」は遭難する前の父が購入したもので、その後、息子の元に届けられたカードとされた

デュエル以外では鯱のシャチ子のショーを行う女性トレーナーが熱で倒れたことからピンチヒッターを引き受けて、シャチ子のショーを行った。敗退後も童実野町に残り、遊戯と海馬のバトルシティ準決勝を童実野町から観戦し、遊戯を応援していた






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
KONAMIの配信スマホゲーム、遊戯王デュエルリンクスの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

ブログランキング・にほんブログ村へ