【遊戯王デュエルリンクス】マリク・イシュタールのキャラクター…

d1ff9d6a-s-300x225

 

マリク・イシュタール

一人称は「ボク」だが、稀に「オレ」も使用

先祖代々王の記憶と千年アイテムを守護し続けてきた墓守の一族の末裔にして、エジプト考古局局長・イシズ・イシュタールの実弟
ある日、10歳の誕生日に王の記憶の秘密を碑文として背中に直接刻む儀式「墓守の儀礼」の苦痛によって凶悪な闇人格が生み出され、二重人格者となる
だが、養子に当たるリシドが苦痛を共有し、闇人格は長い間封印されていた
掟により外に出られず、イシズとリシドに頼み外の世界へと足を踏み入れるが、父に知られてしまい、片棒を担いだリシドが瀕死状態に追い込まれ、闇人格が覚醒し父を殺害している
リシドが意識を取り戻したことで闇人格は封じ込められるが、気付けば父が凄惨な状態で死んでいる状態であった
その場に現れたシャーディーの言葉によって、ファラオ(闇遊戯)こそが父親の死の原因であると思い込み、激しい憎悪と復讐感情を抱く
そして、遊戯を抹殺する事で自らがファラオとなり、一族の宿命を乗り越える事を胸に秘める
この「イシュタール家の惨劇」の後、マリクは千年ロッドを持ち出し、リシドと共に行方を暗ます


グールズを結成し、神のカードの強奪を企て2枚の神を入手するが、最後の1枚はイシズの妨害により失敗する
そしてバトルシティの開幕を知ったマリクはレアハンターを送り込み、自身も童実野町に向かう
バクラと結託し城之内克也と真崎杏子を洗脳し、遊戯と城之内に過酷なデュエルを行わせた
決勝トーナメントにも参加し、「ラーの翼神竜」のコピーカードをリシドに使用させ、完全にマリクに仕立て上げようと考えるが、神の怒りに触れ、リシドは意識不明に陥る
この事で闇人格が目覚めてしまい、その後終始に渡って闇人格に意識を乗っ取られてしまう。彼自身の精神は宙を漂う事になるが、同時に父の死の真実を知る
以降は己の闇人格を倒す事とリシドを守る事を目的に行動するようになった


闇人格の自分と遊戯との決勝戦では負けた方が互いの主人格を闇に飲み込まれるという「究極の闇のゲーム」により生贄とされてしまうが意識を取り戻したリシドの介入、闇人格と主人格の遊戯によって闇人格の自分を闇のゲームの生贄にすり替える事により救われた
尚、アニメ版ではバトルシティ開催以前のオリジナルエピソードに先行登場し、遊戯の力を確かめるべく、キースを操ってのデュエルを挑んだ
アルカトラズでは城之内と海馬の3位決定戦の最中、杏子を操って闇マリクを排除しようとしたが、失敗している


父親が生きていた頃は、わがままな面がありながらも、イシズやリシドに支えられ、明るさを失わなかったが、父の死後は目的のためには手段を選ばず、千年ロッドの力で人を操り、苦しめても何とも思わない性格となった
その一方、姉との姉弟愛は失われておらず、アニメ版ではそれが強調されていた
父の死の真相を知ってからは昔のような善良さを取り戻していった
幼少時に一度外に出た時に拾った雑誌の影響からかバイクが好き






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
KONAMIの配信スマホゲーム、遊戯王デュエルリンクスの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

ブログランキング・にほんブログ村へ