【遊戯王デュエルリンクス】闇マリクのキャラクター紹介…

imgde4d35adzikczj

 

闇マリク

「墓守の儀礼」の想像を絶する苦痛と、心の傷によって生まれたマリクの闇人格
そのため彼は闇遊戯(=アテム)やバクラ(=盗賊王)と異なり本来の意味での多重人格である
表人格の時と比べると、髪はかなり逆立ち、感情の起伏が激しくアニメ版では顔が病的に変貌


その誕生の経緯故、性格は残忍かつ極めて猟奇的
病的な程の破壊願望の持ち主であり、破壊こそが快楽であり、至福であるという歪んだ嗜好を兼ね備えている
決闘においては対戦相手のライフポイントを0にする事よりも、相手に苦痛を与えつける事に喜びを感じる


バトルシップで舞とデュエルを行い、モンスターのダメージをプレイヤーにも与える闇のゲーム(アニメ版では、モンスターが破壊されるとその持ち主の記憶から仲間の記憶が消えるという闇のゲームに変更)で、舞を精神的に追い詰め、勝利後も罰ゲームで昏睡状態に陥らせた
城之内と優勝決定戦準決勝第一試合で対決し後一歩まで追い詰められるが、闇のゲームを用いたことが幸いし、辛くも勝利を得た


バトルシティ優勝決定戦で因縁の宿敵である闇遊戯と対決
究極の闇のゲームを展開させ、互いの主人格(主人格のマリクと表の遊戯)を生け贄とし、遊戯を苦しめるが、ラーの翼神竜を破壊されると同時にそれまで生け贄であった主人格のマリクと交替され、闇人格は肉体から切り離される
そして、マリクがサレンダー(降参)し、自ら敗北を認めた事によって闇人格は完全に消滅した


原作ではリシド抹殺に赴いた際にリシドの治療を担当していた医師を千年ロッドで切り刻む等、非常に残虐な性格を思わせる描写が数多く存在するが、アニメ版ではその多くが省かれるか、もしくは低年齢層を意識した表現に変更されており、医師殺傷も洗脳に変更された
アニメ版オリジナルの乃亜編では最初は現実世界で様子見をしていたが、痺れを切らし、千年ロッドの力で海底要塞を破壊していき、要塞崩壊の要因を作っている


作中ではバクラとも密接な繋がりを見せ、表マリクを含め彼と対等に渡り合っていた






関連記事

新着記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
KONAMIの配信スマホゲーム、遊戯王デュエルリンクスの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

ブログランキング・にほんブログ村へ